box_Top_pc_0707.jpg
Box_Title_01.png

75cm × 90cm の最小のパフォーマンス

This work is a video work of 15 performers in each of 15 "telephone booths".

In this work, I thought of the "phone booth" as a small "personal space" in the town. The shooting was done from June to July.

From June to July, the outbreak of COVID-19 spread in Tokyo and a state of emergency was announced.

box_map.jpg

はじめに 

​ 本作品は、15個の“電話ボックス”内でそれぞれ15人のパフォーマーによるパフォーマンスを映像に収めた映像作品である。

 本作品では“電話ボックス”を町の中にある小さな“ウチ”的空間と捉えて創作を行った。2021年現在東京では、撮影が行われた6月から7月にはコロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大し緊急事態宣言が発令されていた。日常が急激に変わり“ウチ”と“ソト”との断絶はより拡大しているように感じる。​人と人とを隔てるモノが物理的にアクリル板のように眼に見える様になってしまった。

Everyday life changes suddenly, and I feel that the disconnection between "personal space" and "Public place" is expanding.The thing that separates people from person to person has become physically visible like an acrylic board.The "telephone booth" is also a space surrounded by transparent boards. However, the "telephone booth" is not a completely closed space. It has communication with "Public place, which is a public telephone. Just as the "telephone booth" was sometimes used as a time machine in the world of fiction, the "telephone booth" is connected to the "public place".

墨田局519号n.jpg

“電話ボックス”もまた、透明な板で囲まれたスペースである。しかしながら“電話ボックス”は完全なる閉鎖空間ではない。公衆電話という“ソト”とのコミュニケーションを有している。物語が“電話ボックス”をタイムマシンなど別の世界へ行ける装置として使用した様に、“ソト”に繋がろうとする力がある場所である。つまり“電話ボックス”はコミュニケーションを行う場所である。公衆電話が廃れ行くモノであろうと“ソト”とのつながりが無くなったわけではない。

アート | Thebox

墨田局543号d.jpg